« いか飯っぽくておいしいご飯 | トップページ | フライドポテト »

図書館おはなし会 小学生の部4月

先週のプログラム

 詩  「もしも」「わるくち」 谷川俊太郎
 
    (いちねんせい/国土社)

絵本 さくら(福音館書店)

お話 ねこの名前
    (語れやまんば第2集/藤田浩子の語り)

お話 プンクマインチャ
    (同名絵本/福音館書店)

今日のプログラム

 詩  「せんせい」 谷川俊太郎
     (いちねんせい/国土社)

絵本 みんなのベロニカ(童話館出版)

お話 足折れつばめ(日本の昔話2/福音館書店)

お話 やぎとライオン
    (子どもに聞かせる世界の民話/実業之日本社)

今日の絵本は、「みんなのベロニカ」でした。

「ストロー」と「キング」という動物の名前に反応して、そこだけ

終始笑っていましたが、長い絵本をよく聞いてくれました。

お話の間は、初めてきた男子が「お話に関するおしゃべり」を

ずっとしていて、静かに聞きたい子が聞きづらそうで、

それが少し気になりました。

お話に関しての話をしているので、注意に躊躇しました。

「声のトーンを下げてね」と言えばよかったかなと

後で思いました。

今日はやぎとライオンを語りましたが、

おはなし会が終わって部屋を出て行くとき、

初めてきた男の子が

「きのう~ころした~いちまんびき~のライオンnote

と、歌いながら帰っていきました。happy01

それと、2~4歳児対象のわらべうたと絵本のお部屋から

ずっと図書館に通ってくれているMちゃが1年生になり、

shine今日初めて小学生のお部屋へ来てくれました。shine

幼児のお部屋から通しで聞いていたので、

最後は疲れてごろごろしながら聞いていましたが、

さすがMちゃん。

お話はちゃんと聞けていました。

|
|

« いか飯っぽくておいしいご飯 | トップページ | フライドポテト »

おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いか飯っぽくておいしいご飯 | トップページ | フライドポテト »