« 特別支援学級おはなし会 2011.1 | トップページ | 願書出しに行ったら・・ »

冬の夜空

公文のバイトから帰ってくる時、

風が強くて星がまたたいていました。

とてもきれいで、写真に残したいなと思いましたが、

カメラを持っていなかったので、しばらく眺めていました。

「星がまたたいていると、明日の天気はなんだっけ・・?」

う~ん、思い出せない・・・。

ということで、ゴソゴソと出してきたのがこの絵本↓

あしたのてんきははれ?くもり?あめ?―おてんきかんさつえほん (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん) Book あしたのてんきははれ?くもり?あめ?―おてんきかんさつえほん (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)

著者:野坂 勇作
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 「ほしが またたくと かぜ」

ほしが ちかちか またたくのは、
そらの うえのほうで、かぜが つよくなったり
よわくなったりするから。
あしたは ちじょうでも かぜが つよくなるよ。
おてんきも かわるかもしれない。

かぜって、はれや くもりや あめを
はこんでくるんだね。だから、
かぜの むきが かわると おてんきが かわるんだ。
 

(絵本の文そのまま載せました)

そうそう。空の上のほうで風が動いているんだったnote

雲が全然ないし、明日は晴れかな・・?

かがくの絵本は、読みたがらない人が多いですが、母は大好きです。

きっと、「その絵本を好きだと思う人が読むのを聞いた」

という経験があるからだと思います。

以前、「さくら」というかがくのともの絵本を紹介した時、

「学校の勉強みたいでこういう本は嫌いだ」といった先輩がいましたが、

きっとそういう人が読んだら、子ども達も「つまんない絵本だ・・」と思うと思います。

かがく絵本は、内容によってはいい大人でもワクワクしちゃうものです。

子ども達も大好きです。

この絵本は普通に読むと7分位だけど、

最初の「〇〇は〇〇」という部分をふせんで隠してクイズ形式にすると

13分くらいかかります。

クイズ形式にすると収拾がつかなくなる時があるので、

長く通っているようなところでないと難しいかもしれません。

母は2・3年生によく読みますが、

時間によっては「おてんきじゃんけん」の手遊びも入れたりします。

|
|

« 特別支援学級おはなし会 2011.1 | トップページ | 願書出しに行ったら・・ »

おはなし会」カテゴリの記事

コメント

海tonさま
主人も歴史上の人物は学習まんがで全部覚えたと言っていました。
母もですし、うちの子もそうですhappy01
そして、私も勉強はしなかった部類ですheart04 でも、本は大好きでした。
前に、「学校に行かなかった奴は大人になっていくことになる」と言っていた
お父さんがいたのですが、母も学校とか勉強はあまり好きではなかったので、
大人になった今学校にたくさん行っています。
以前役員をハードにやっていた頃、
教頭先生に「僕と〇〇さん(母のこと)どっちが学校に多く来てるだろうね~」
と言われた事も・・coldsweats01教頭先生に決まってると思うのですが・・・。
学校のおはなし会はボランティアが行っていますが、
学校の一日の流れに組み込まれているので、
子どもによっては勉強と同じように考えている子もいると思います。
だからこそ、勉強が嫌いな子にこそ楽しんでもらいたいと思っている母です。

投稿: | 2011年1月21日 (金) 午後 06時26分

科学えほん、いいですね。
わたしは、学習まんがが今でも好きです。

皆さんのように勉強が好きでなかったので、
漢字(ルビ付きで)も、常識も、何もかも、
学習まんがから覚えました。

高校へ行ってはじめて、
学期末試験とかの勉強をしました。
「少し、勉強が面白くなったのです。」

机なんか、学校にしかなかったし。
勉強しろって誰も言わなかったしね。
それでも父親は、我が子は大学へ
行くだろうと思っていたとか。

今でも少しだけなら、勉強します。
図書館の学習まんがも止められません。

母さんは、公文のバイトだなんて、
えらいんですね!

投稿: 海ton | 2011年1月20日 (木) 午後 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 特別支援学級おはなし会 2011.1 | トップページ | 願書出しに行ったら・・ »