« 今日のココ弁 2011.11.1・2 | トップページ | 今月の詩 2011.11 「てはふたつ」 »

特別支援学級おはなし会 11月

今月のプログラム

 ♪   ひとやまこえて

 詩  「てはふたつ」 まどみちお(まどみちお全詩集/理論社)

絵本  おにぎり(福音館書店)

絵本  てとゆび(発行:福音館書店/販売:こどものとも) 

 ♪  おにぎりつくろう

お話 おだんごぱん(同名絵本/福音館書店)

今回は詩と絵本を担当しました。

詩は、手遊びのような言葉にあわせた手遊びがあって、

みんなで楽しくやりました。

“ひとやまこえて”も、詩も、おにぎりつくろうもあって

手遊び満載でした。

「てとゆび」という絵本を読みたいなと思って

あとは全部“手”に関係したものにしてしまいました。

でも、絵本を読む順番を間違えてしまいました。

ひとやまこえて→てとゆび

おにぎり→おにぎりつくろう

という流れにしたかったのですが・・sweat01

絵本「てとゆび」は、母と同い年です。

1969年7月に初版が発行されています。

傑作集になっていますが、あまり読まれていません。

絵本は、最後に表紙を見せる時

裏表紙と表が繋がっている場合のみ広げて見せます。

今回絵本を読み終えて表紙を見せた時に、

男の子が「広げて見せて!」と言ったので

繋がっていませんでしたが広げて見せました。

|
|

« 今日のココ弁 2011.11.1・2 | トップページ | 今月の詩 2011.11 「てはふたつ」 »

おはなし会」カテゴリの記事

コメント

とら様
絵本を読んでくれるお母さんは結構いるのですが
昔話を語る(本を見ないでお話しする)人は
本当に少なく、卒業しても続けています。
この活動をしていると、よく褒めていただくのですが
子ども達からもらう物の方がずっと多く
子どもの心の大きさにいつも助けられているし
たくさんのものをもらっています。
そういうことが出来る環境にあって
本当に幸せです。

投稿: | 2011年11月 5日 (土) 午後 03時12分

ココナツ母さんの、こういう活動を続けるということは貴重ですね。
立派な社会参加、貢献。

感受性豊かで、創造性の高い子達に成長しますように。
とらじぃの時代にこんな体験はないね。

投稿: とら | 2011年11月 4日 (金) 午前 11時10分

モス姉様
おはなし会だと、流れで進めていきます。
絵本に興味を持って欲しいのと、
外へ繋がっていく楽しさを伝えたくて・・。
科学絵本は読んだ後に現実の世界へと繋がっているので、
流れは特に大事かと・・。
もちろんお家で読む場合は
お子さんが読んで欲しいというものを
読むのが一番ですよhappy01
「てとゆび」は、堀内誠一さんの作品です。
ぜひ機会があったら手にとって見てくださいnote

投稿: | 2011年11月 3日 (木) 午後 03時43分

 こんにちは♪
なるほど・・・。

たくさん読んであげる場合、
順番も大切なんですね。

たしかに おにぎり⇒おにぎりをつくろう
だと つながりがある感じがしますね。

でもでも きっと家でこんなにたくさんの
本を読み聞かせてもらってるお子さんは
少ないでしょうから 本の順番なんて気にせず
 
母さんのお話会を楽しみにしている子が
たくさんいると思いますheart

ご紹介いただいた「てとゆび」。
わたしも探して 読んでみたいと思いました。
φ(・ω・ )メモメモ

投稿: モス姉 | 2011年11月 3日 (木) 午前 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日のココ弁 2011.11.1・2 | トップページ | 今月の詩 2011.11 「てはふたつ」 »