« 特別支援学級おはなし会 2011.12 | トップページ | ご褒美に・・。 »

心の中の、見えない空間。

我が家の、侠小住宅向けのスリムツリーです。150cm。

Pap_0122

時々記事に載せる、絵本とわらべうたのお部屋の中では、

最後にお母さんに向けてお話しする時間があります。

わらべうたや絵本、子どもの成長などについて

先代の進行役だったOさんが行っているものです。

短い時間で話すことですが、

その中に詰まった言葉や想いを

お母さん達は本当によく聞いています。

今月は、サンタクロースのことを話しました。

紹介したのは、この2冊。

book「サンタクロースっているんでしょうか?」偕成社

book「サンタクロースの部屋」(松岡享子/こぐま社)

そして、“サンタクロースの部屋”から

はしがき部分の一節を読んでくれました。

アメリカの児童文学評論誌に載っていたという①と、

②は松岡享子さんの言葉です。

①「子どもたちは、遅かれ早かれ、サンタクロースが本当は誰かを知る。

  知ってしまえば、そのこと自体は他愛のない事として

  片付けられてしまうだろう。

  しかし、幼い日に、心からサンタクロースの存在を信じることは

  その人の中に信じるという能力を養う。」

② わたしたちは、サンタクロースその人の重要さのためでなく、

  サンタクロースが子どもの心に働きかけて生みだすこの能力のゆえに、

  サンタクロースをもっと大事にしなければいけない。

  心の中に、ひとたびサンタクロースを住まわせた子は、

  心の中にサンタクロースを収容する空間をつくりあげている。

  サンタクロースその人は、いつかその子の心の外へ

  出ていってしまうだろう。

  だが、サンタクロースが占めていた心の空間は、その子の中に残る。

  この空間がある限り、人は成長にしたがって、

  サンタクロースに代わる新しい住人を、ここに迎えいれることができる。

  この空間、この収容能力、つまり目に見えないものを信じるという心の動きが

  人間の精神生活のあらゆる面で、どんなに重要かはいうまでもない。

  のちに、いちばん崇高なものを宿すかもしれぬ心の場所が、

  実は幼い日にサンタクロースを住まわせることによってつくられるのだ。

  別に、サンタクロースには限らない。

  魔法使いでも、妖精でも、鬼でも仙人でも、ものいう動物でも、

  空飛ぶくつでも、打出の小槌でも、岩戸をあけるおまじないでもよい。

  幼い心に、これらの不思議の住める空間をたっぷりとってやりたい。

①・②共に本文より抜粋

ちょうどこのころ、学校で次男が顔にやけどをしました。

クラスの子にやられたもので、

ストーブの煙突に制服のボタンを押し付けて熱したものを

顔面に押し当てるというもの。

母はおはなし会に行っていたこともあって、自分の子どもの学年の子は

たいてい知っています。先生から詳細を聞いた時に、

大事になって一番ビックリしたのは、

我が家の次男よりやけどをさせた本人だっただろうと思いました。

先生も、同じ事を言っていました。

次男のこともそうですが、三郷の事件も騒がしい頃だったので、

読んでもらった言葉が余計に胸に響きました。

|
|

« 特別支援学級おはなし会 2011.12 | トップページ | ご褒美に・・。 »

おはなし会」カテゴリの記事

コメント

yuuki様
yuukiさんのお家のツリーと比べてしまうと
すごく空しいのですが・・sweat01
yuukiさんのおかげで
ツリーを出すことができましたnote
shineありがとうございましたshine
良いクリスマスを!present

投稿: | 2011年12月24日 (土) 午後 12時30分

とら様
火傷ということで、ご両親揃って
我が家に謝罪に来てくださったのですが
男の子の頭は坊主でした・・sweat01
やったことはいけないことだけど、
この経験を生かしてくれるような指導を
先生がしてくださるといいなと思っています。
罪を憎んで人を憎まずですよね。
(あ、でも、家庭の環境が悪くて
 子どもの心が不安定になるような
 状況を作り出した親に対しては、すご~~く
 怒っています!!)
どんなに“悪い子”と言われている子でも、
良い所は必ずあるんですよ~!本当に・・。
単純になついてくれる子もかわいいですが、
環境にに問題があって荒れている子の方が
気になるし、かわいいと思う母です。
悪い大人は死ぬほどいますが、
“悪い子”は大人が作り出すものだと思います。
フィンランドを出発したサンタさん・・note
母のところにも来るといいなあheart04
とらさんも、良いクリスマスをお迎えくださいhappy01

投稿: | 2011年12月24日 (土) 午後 12時27分

ステキ男子のとらさんですよ

火傷したの・・・大変心配だね。
やった本人が一番びっくり・・・このように考えられる親も素晴らしいね。
これを素直に謝れる子供に育って欲しいものだね。

確かにサンタクロースはいるか?いないか?ではなくて、信じることを教えられる。
そういうことだったのか・・・

今日は、サンタさんがフィンランドを出発したというニュースが伝わってきました。

いいクリスマスを迎えてね。

投稿: とら | 2011年12月23日 (金) 午後 02時24分

サンタのお話、いいお話ですね。
クリスマスツリーも綺麗だけれどツリーの側にサンタがいるのは、サンタのお話とマッチしていて素敵ですね。

投稿: yuuki | 2011年12月23日 (金) 午前 02時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 特別支援学級おはなし会 2011.12 | トップページ | ご褒美に・・。 »