« 高校生におはなし会 | トップページ | コグメドの説明会 »

5年生お話会(朝自習)と、国語の朗読発表会

今回のプログラム

絵本 こまるなあおとうさん(アスラン書房)

お話 山伏ときつね(日本の昔話2/福音館書店)

Photo

このお話会はいつも行っている学校ではなく、

いつも行っている支援学級のある学校です。

今年度ピンチヒッターで語り手として参加しています。

プログラムから参加していないので、絵本は今回初めて見るものでした。

秋の、子どもたちが落ち着いた雰囲気の中で読むのに良い絵本かなと思います。

私はきっと普段手に取らないタイプの絵本なので、

他の学校のお話会に参加すると勉強になりますhappy01

このクラスに入るのは2回目ですが、やっぱりちょっと緊張するので

少しお話してから語りをしました。

ちょうどその日はマラソン大会の試走の日だったので、

長距離で走るときのコツを伝授note

絵本は静かに良く聞いてくれていましたが、

お話は一番怖いところで廊下をガヤガヤと子どもが通って行ったので

私も子どももハッと現実に戻ってきてしまい、

そのままの雰囲気で終わってしまいました。怖い話は難しいです。

まだまだ、この話は自分のものになっていないなと反省しました。

5年生と言えば、

先日いつも行っている学校の方の5年生の授業に招待されて

国語「大造じいさんとガン」の音読発表会を見学させていただきました。

知っている子の少ない学年だったのですが、

一生懸命発表している姿に感動して一番物語が盛り上がる部分では

泣きそうになってしまいました。

普段子どもたちに向けて語りをしている私達に聞いてほしいという主旨で

行われたのですが、こんなに素晴らしい発表なら

保護者の皆さんにも聞いてもらったらよかったのにと思いました。

私達だけ聞いてしまって、申し訳ないくらい素敵な発表会でした。

発表の後、感想を聞かれたので、

自分たちはお話をするときに物語を頭の中で描きながら語るのだけど、

皆の朗読はとても気持ちがこもっていたので

頭の中で物語が鮮明に浮かんだと話しました。

子どもの一生懸命な姿が見られるのはとても嬉しいことだし、

子どもも、人に見てもらうという事でより頑張るような気がします。

思いがけず素敵な時間をもらって嬉しい母でしたnote

Photo_3大造じいさんとガン(偕成社)

|
|

« 高校生におはなし会 | トップページ | コグメドの説明会 »

おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高校生におはなし会 | トップページ | コグメドの説明会 »