« CROSSGENE ROCK U Tokyo 2013.12.15 その② | トップページ | 負の連鎖・・ »

クリスマスに・・

クリスマスはイエスキリストの誕生日だからか

外国の読み物にはクリスマスに生と死を考える読み物がけっこうある。

直接クリスマスを描かなくても、思い描くことができる作品は

結構あるのです。この間絵本や読み物の勉強をしてきて教わりました。

なるほど、普段あまり意識していなかったけど、

考えてみればそうだな。って思った。

ずっと前に松岡享子さんの「人は何のために生きるか」

という語りをきいたけど、それもクリスマスのお話だったような気がする。

生きていくのは大変で、辛いこともいっぱいあるけど

生まれたことは感謝したい。

人は何のために生きるのか、

人生の最後を迎えるときには答えが出ているのだろうか・・。

大人は色々考えるけど、子どもにとっては一年間で

一番楽しみにしている行事、xmasクリスマス・・present

そんなクリスマスに、おすすめの絵本を少し紹介しますhappy01

bookトリフのクリスマス(くもん出版)

book急行北極号(あすなろ書房)

bookぐりとぐらのおきゃくさま(福音館書店)

bookおとうさんをまって(福音館書店)

bookハリーのセーター(福音館書店)

他にもたくさんありますが、我が家でたくさん読んだものは

上記のとおりです。

子どもから聞いてびっくりしたのですが、

サンタさんはいないと自ら子どもに教える親がいるとか・・coldsweats02

信じられません。ビックリしました。

サンタさんはいるのです!子どもたちの心の中に・・!!

Photo

bookサンタクロースっているんでしょうか?(偕成社)

という本は、サンタクロースはいるのだろうかという子どもの質問に

きちんと向き合って真剣に答えた大人がいたという素敵な本です。

Photo_2

bookサンタクロースの部屋(松岡享子著/こぐま社)では、

世の中の色々な“不思議”が住める心の空間、

サンタさんを信じるという気持ちをしまっておく空間を

心の中に持つことの大切さを教えてくれます。

小さいお子さんがいる方はぜひ読んでほしいですhappy01

年末に向けて皆さんお忙しい事と思いますが

xmas良いクリスマスをお過ごしくださいnote

母はこれからココさんの療育なので、我が家のクリパは明日です~think

|
|

« CROSSGENE ROCK U Tokyo 2013.12.15 その② | トップページ | 負の連鎖・・ »

おはなし会」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

コメント

瀬津喩様
大げさにやらなくていいというので、
今年はつつましい感じのクリスマスになりましたhappy01
本は両方とも正解ですheart04さすが瀬津喩さんgood
教文館、先週行ってきましたよsign01
クリスマスムード一色でしたnote
私は絵本に出てくるねずみのぬいぐるみを買ってきましたhappy01

投稿: | 2013年12月26日 (木) 午前 12時32分

母さん、メリクリxmasですhappy01
今頃ご家族で楽しいパーティーをしているのかしら。

映画『ポーラーエクスプレス』の原作ですね。
確か小1のチビにクリスマスプレゼントしましたよ。
今年も映画の放映をしていたのでガッツリ観ていた
私ですheart02
『サンタクロースって~』はNYタイムズへの質問が元
になっているお話でしたね。
両方とも心温まるお話で大好きなんです。
この時期は銀座の教文館へ入り浸りが恒例でした。
アイテムも本も沢山で飽きないんですよnote

反面、サンタさんがいないと教える親sign02
なんつー心の貧しいヤツだ!
子供の心身を健やかに育てるのが親なのにannoy

投稿: 瀬津喩 | 2013年12月25日 (水) 午後 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CROSSGENE ROCK U Tokyo 2013.12.15 その② | トップページ | 負の連鎖・・ »