発達障害

成年後見人の講座

“市民後見人候補者養成研修”事前説明会なるものが
私の住んでいる町で行われることになり
snow 牡丹雪が舞い散る中run参加してきました。
でも、講座開催前に資料を見てsad ・・・。
研修日程は、来月で、5日間だったbearing
一か月に5日も時間空けられない・・・ crying
受講の申し込み⇒選考⇒受かれば受講なんだけど、
私受かったとしても行けないじゃん。日程が無理・・。
日程もお知らせに載せてくれたら、申し込まなかったのに・・・sweat01
一瞬、「帰るか・・?」と思ったけど、
せっかく来たので参加しました。

成年後見人制度。
療育の保護者会でも勉強したけど、すごく難しかったデス・・。
ずっと気になっていたところにこの講座のお知らせを発見note
受講して活動できれば誰かの力になることができるし
子どものためにも動けるし、同じ町に住む身近な子どもたち
(もうすぐみんな成人するので)の力になることができる!!
まさに一石二鳥で、なんて素敵なボランティアだと思ってたのに、
本当に、本当に残念・・weep

予定していた時間の最後30分はオリエンテーションの時間。
帰ろうかと思ったけど端っこに座らなかったので
サッと抜け出すわけにもいかず最後までいたのですが
最後の質問の所にきてまあビックリsign03
「あなた、何しに来たんですか?」
というような質問の多いこと多いこと・・・。
あまりに「どうした?」的な質問がとび、
隣のおばさまは
「こいつらばかじゃないのか」というようなことを
上品な言い回しで口に出していましたよ・・smile

成年後見人ですよ。
分かってきてるんですよね・・?
何か、誰にも手軽にできるボランティアと
同じような事として捉えていませんか?
もしくは、お金持ちの人の財産を
悠々と管理するみたいなものと
勘違いしてるんですかね?

平日の活動は無理とか、じゃあ始めからできないじゃん?
お金は出るのかとか、出るなら市民で募集しないよね?
まだ働いてるから活動が制限されるんですけどとか、今できないなら申し込むなよ
・・皆さん、講座に申し込む前に聞いとけ!みたいな、
今ここでする質問じゃないんじゃないの?
というようなことばかりが質問されていて
ひたすらにびっくりでした。

5~6年前、読み聞かせのボランティアをするのが
ちょっと流行った時期があって
その時大量に入ってきた同じ人種のかたがたを
思い出しました。
子どものためじゃなく、
自分のために活動をしていた方々・・。

気をつけよう、暗い夜道とボランティア

ある先生が言っていた言葉を思い出しました。
活動をしているうえで
沢山の仲間が出来たり、
そこがかけがえのない場所になったりするのは
とても素敵な事だと思います。
活動上の産物としてついてくるものであるなら・・。
でも、自分の居場所探しや友達作りが目的で活動するのなら
ボランティアでなく習い事なんかのサークルに入った方がいいと思う。
後見される人も迷惑だろう・・。

今後も定期的に開催していくようなので
次回はぜひ参加したいと思ったのだけど、
来年につなげられるような参加者が育つのか
心配だった説明会でした。
ぜひ主催しているところに頑張ってもらって
定着させていただきたいですsign03

| | コメント (4)
|

負の連鎖・・

昨日は、今年最後の療育でした。

今は個人指導で、ココの他に中2と高3の男子が2人、

計3人が同じ教室の中でそれぞれ個人指導を受けています。

今回、中学生の子が療育中にちょっと荒れてしまい、

その子だけ着替え用の部屋で指導を受けていたので

ココは終わった後すぐに着替えができませんでした。

そこで、女子が使う小さい部屋で着替えるように言われ

行こうとしたちょうどその時、タッチの差で

後に終わったもう一人の子が先に着替え始めてしまいました。

カバンを置く机は一つ。

ばい菌が苦手のココさんには、荷物を地面に置くことができません。

ココさん、「取られた~!」と、崩れます。

すると、先に着替えた子が先生に促されてココに謝りますが、

ココさん許さず、返事もせず・・・・。

反応がないので、その子は促されて先に着替え始めたのですが、

その時ちょうど別室にいた子が「ギャー」と言ったので、

先に着替え始めた子が、大きな声に反応して

ココさんに謝っても許されなかったことを思い出し、

パニックになってしまいました・・。

先生方がその子を落ち着かせている間にココさんは着替え始めましたが、

今度はその子が落ち着くまで着替えの部屋から出られず・・・。

親3人は、ミラー室で様子をうかがっていましたが、

中学生の子のお母さんが

「うちの子のせいですみません」というので、

もう一人のお母さんと

「いやいや、うちの子もそうだった。中学の時は荒れましたよね~」

という話になりました。

療育を出て、帰り道。

ココさんが「あの子、今日はどうして荒れていたんだろう?」

というので、お母さんに聞いた理由を話すと

「あー、俺も中学の時、そういう事で荒れたことあったな。懐かしい・・smile

と、笑っておりましたshine

だから、「そうだよね。お母さんたちも、家の息子もこうだったとか言って

色々話しながらココさんの中学の時のこと思いだしたhappy01

と、話しながら帰りました。

結局、負の連鎖がループしてしまうと困るからということで

ココさんは今回謝まらずに帰ってきましたが

次回きちんと謝らないとね!!

| | コメント (4)
|

コグメドの説明会

以前、三者面談の際に先生から聞いた

2学期からココさんの学校で始まるというものは、

やっぱり“コグメド”でした。

2学期から開始するということで夏休みに説明会があり、

知っておくのも勉強と思って参加してきました。

せっかくだから、記事にしておこうかなと思い立ち

今更ながらの報告です。

説明会は、夏休みの日曜日に学校で行われました。

何と、コグメドの社長さん自らが説明にいらしていて、

ちょっと驚きました。

こんな機会はめったにないので、

聞きたかったことを質問させてもらいました。

事前にコグメドを調べてみたら、

コグメド自体評判は悪くないのですが、

“対応する事務員さんがすごく評判が悪い”

という情報がとても多かった。

私はその方と実際にお話したわけではないので

何とも言えませんが、あれだけ言われているのを見ると

火のないところに煙は立たないよなと思う・・。

学校で受けるとなると事務的なこともトレーニングもすべて

関わるのは学校の先生なので、

興味のある人には良い話かなと思いました。coldsweats01

聞きに来ていた保護者さんは8名ほど。

社長さん自ら仕組みやプログラムなどの説明をしてくださり、

非常にわかりやすかったです。

院長先生も自分もやってみようと思っていると言って

笑いを誘っていましたが、

健常の人がやってもWMが増えると思うので

私もお金があったら試してみたいなと思いましたhappy01

実際にやってみたらわかるかなとか思うし、普通に好奇心・・heart04

ココさんにもどうかなと思いましたが、

夏休みに行ったWiskⅢの結果を見ると、

WMがとっても高かったので、体験も行わずでした。

保護者からの質問の中で、

「脳を鍛える・・」のゲームとの違いがわからないという質問が出ました。

ご自身(親御さん)が好きでやっていらっしゃるようで、

コグメドと同じような内容のものだから、同じではないのかと・・。

実際に脳トレでトレーニングすると効果がある!と言っている

サイトもあったりするので気になったのかもしれませんが、

やり方によっては効果が得られる可能性もあるのかもしれないけど

コグメドとは全く違うものだと言われていました。

昔「ゲーム脳の恐怖」を書かれた方も

講演会で実際に効果はあるのかという質問をされて、

「あれはゲームです」と言い切っていたのを思い出しました。

他にも色々と取り組んでいるココさんの学校。

wiskなんかも学校で受けられるようになるらしく、

コグメドの効果が簡単にわかるように始めるのだろうけど、

診断をつけないといけないような子が学校にいた場合は

学校で気軽に受けられるのがいいかなって思いました。

先生も結果を見て対応する手立てがつくし・・confident

| | コメント (2)
|

保護者会 「就労について」

療育の親の会で、就労についてのお話を聞いてきました。

前にも同じテーマで同じ先生のお話をし聞き、

重複している部分が多かったので

今回は、私が大事だと思ったことを覚書しておこうと思います。

◆「失敗しても、結果成功すればよし!」というふうに育てることが大事。

 学童期・思春期・青年期は、性格や気質が大切。

 (就労はこれを考えて決めていく)

◆就労は、何が好きなのかを決めさせるのではなく

 お子さんが「何ができるのか」という事が大事。

◆障害とは、社会がつけるもの。

 手帳は支援が必要でなければ必要ない。

 二十歳を超えると、就労のことを考えて取る人は多くなってくる。

◆アメリカでは、5月にAS、PDDという診断がなくなった。

 スペクトラム症となったらしい。

 これがなくなったということで、日本の結構有名な先生が

 2~3歳の子に双極性障害という診断をしたそうです。

 双極性障害は躁うつ病なので、

 そんな小さな子にも薬を飲ませる事ができてしまうという

 恐ろしい現実が・・。

 思春期には、思春期からくるものなのか病的なものなのか

 よく考えて受診する事。

 日本では、普通の精神科ではすぐ薬が出るのが現状です。

 薬が必要なのかどうか、自分で良く考えること。

 ※先生は毎回、何のお話の時もこの話を必ずします。

  薬が出ても、必要だと思わなければもらわなくてもいいのです。

  日本の精神科では簡単に薬が出るのだという現状を

  頭に入れたうえでよく考えましょう。

◆働いてみることは大事。可能ならばぜひアルバイトを!

 働くことで本人が「自分は何ができるか」が見えてくる。

 一番よくないことは在宅。ひきこもること。=成長しなくなる。

 3年こもると1年~1年半後退すると言われている。 

 できるだけ普通の人と関わる環境があることが大事。

 健常者から学ぶ事で社会性を高める!

◆「日常生活が安定している」ということが一番大事!!

◆できる事・出来ない事を本人に意識させるには、

 就労移行支援事業を利用してみるのもいい。

 就労移行支援事業=本人と社会の接点を作ろうとする仕組み

 本人が気づけない自分を探せる。

 第三者(就労移行支援事業)の介入により、

 問題が起きた時はまず第三者に連絡が行く

 →いきなりクビになることはない。

 何をして働くかという事より、

 「まず働く」という事が大事。

◆就労移行支援事業

 制度としてはOKだが、まず認定を受けることが大事。

◆障害者支援法は、本来手帳の必要のないものだが、

 現実というか実際は手帳を基準に考えているそうです。

*。o○☆*(。´・▽・`。)゚¨゚*☆○o。*゚¨゚゚・*(。´・▽・`。)¨゚*☆○o。*

わかってはいても、忙しい日々に追われてなかなか意識できない母です。

こういう話を聞いて気を引き締めなければ~~!!bearing

と強く思った一日でした。

*。o○☆*(。´・▽・`。)゚¨゚*☆○o。*゚¨゚゚・*(。´・▽・`。)¨゚*☆○o。*

「発達障害白書2013」(日本発達障害福祉連盟)

Photo_2


療育の指導室用に先生からいただいた本です。

子どもが療育している間、親はミラー室で見学しているのですが、

そこに置いておけば多くの保護者の目に留まるという事で・・。

中には興味深い内容もあり、

次の療育の際に持っていけばよいという事だったので

借りて帰ってきました。happy01

| | コメント (0)
|

ココさんの就活・その1 「手帳の取得」と三者面談

先々週、3年ぶりにクリニック行ってきました。

我が家は投薬がないのと、

クリニックと繋がっている療育に行っているので

何かあったら行けばいいかとのんきに構えていたら

先生に「3年ぶりねhappy01」と言われてしまいましたcoldsweats02

本当は、年に2回くらいは顔を見せないといけないと思うのですが・・sweat01

今回は、手帳の取得をしたいというお話をしてきました。

青い手帳(精神)の取得を希望しています。(緑の手帳は取れないので・・)

次回、8月にWISK-Ⅳの検査をして、診断書を書いてもらいます。

申請はそれからです。

Img_4673

そして、この間ココさんの学校の三者面談にも行ってきました。

事前に進路についての希望を書く用紙をもらっていましたが、

手帳を未取得なので、まだ動けないため

◆手帳を取得してその枠で就職を考えていること、

◆本人とも漠然としか話していないので細かい話が出来ない事

ということで、今の学校の状況などを聞きたいと書いて提出しました。

面談の時間は、本来は2~30分くらいでしょうが

1時間半位時間頂きました。

(沢山お時間頂きありがとうございました。)

話は主にココさんの学校生活のことで、

相変わらず基本的な迷惑行動はあるものの、

お友達が出来てからはメタ認知が少し高まり、

以前よりも落ち着いたとのこと。

お友達と仲良くなった経緯や現在の学校の様子などを

教えてもらいました。

こちらは、卒業後すぐに就職とは考えておらず、

就労移行支援をしているところに行こうと思っていることを

話しました。

Img_4670_4

先生と色々話している中で聞いたのですが、

ココさんの学校では、来年度位から

ワーキングメモリー(短期記憶)を増やすための何かを

始めるそうです。

PCを使ってやるそうで、先生方は教えられるように

講師の資格を取得しているか、

教える勉強をしていると言っていました。

聞いたけど忘れちゃったsweat01

先生がフィンランドと言ってたような気がするので

コグメドかな・・?と思うのですが・・。

去年からはウイングルがやっている塾と提携しているし、

うちの学校は割と新し物好きというか

色々やっています。

発達障害だけどずっと普通学級で過ごし、

診断を受けた後は病院に行っていなくて

特に何もしていないという人が結構多いのですが

皆さん動いていないから情報が全然ないんですよね。

そういう人にとっては、

すごくありがたい事かもしれないと思います。

学校でそういう事が出来るというのは

金銭的に余裕がある家庭ならば

かなりポイント高いかもしれませんね。

| | コメント (4)
|

特別支援学級おはなし会 2013.7

club今回のプログラムclub

 詩    「くじら」谷川俊太郎
       (ふじさんとおひさま/童話屋)

絵 本  スイミー(佑学社)

手遊び こどもとこどもがけんかして

お 話 おだんごぱん(同名絵本/福音館書店)

母は今回詩と絵本を担当happy01

夏だし、暑いし、テーマは海!!ということで・・heart04

2年生の国語でで習うスイミーは、

訳が谷川俊太郎さんだって知っていましたか?

Photo

私はこの絵本が大好きです。

というか、レオレオニさんが大好きなのですが

中でも一番これが好きかなconfident

この絵本を出した時、私と同じようにこの絵本好きな子が

何人か「あ!スイミーだ!」というかんじで

eye目をキラキラさせてくれましたshine

小さな魚の大冒険、よく見ていてくれましたconfident

詩は私の後に続けていってもらいましたが

みんなとっても元気に復唱してくれましたhappy01

普通級でもそうですが、

支援級で詩を選ぶときは

言葉のリズムや響きのいいものを選んでいます。

耳に心地の良い言葉を・・note

そういう詩は、子どもたちと一緒に言うだけで

何だか楽しくなってしまいますhappy01

ふじさんとおひさま

Photo_2

| | コメント (0)
|

新学期

Img_3733

新学期始まりましたね!

更新頻度がぐんと低くなっていますが、

細々続けていきますので今年度もよろしくお願いいたしますshine

3013319

201344

春休みはしっかりご飯作りはせず、

一緒に作ったのは上記の2品・・。

長い休みにしては少ない回数になっていますが、

3月末の療育で先生に春休みの過ごし方を指導してもらうように

お願いし、話し合ってもらいました。

その上で家でも話したのでさほど乱れることなく新学期に突入し

新学期は好調な滑り出しだと思います。

この一年の療育の成果は、

「人の話を聞き入れるようになってきた」という事です。

感情が高まると大きい声になったり頑ななところも多々ありますが

ずいぶん変わってきたかな。

あと1年で問題なく就労できるようにはなるわけはないけど、

二人で頑張っていきたいと思います。

| | コメント (2)
|

特別支援学級おはなし会

snow1月のプログラムsnow

  ♪  あめこんこん

  ♪  おもちのかぞえうた

 絵 本 ゆきのひ(偕成社)

  ♪  もちっこやいて

 お 話 ねこの名前
       (語れやまんば第2集/藤田浩子の語り) 

今月は、後半のわらべうたとお話を担当しました。

もちっこやいては先月にやっていたのでみんな覚えていて、

のせたいものがあるか聞くと、「イチゴ大福」とか「チーズ」とか

たくさん出してくれました。

最後めいめい好きなものを入れようと言ってやったら

“からし”を入れている子がいましたよbearing

「ねこの名前」はここで前にも語ったことがありましたが、

前回は言葉のリズムや繰り返しを楽しんでいる様子でした。

でも、今回は名前が変わるたびに笑いが出ていて、

名前が変わっていく面白さを楽しんでいました。

同じところに届けても、違う反応だったりして、楽しいです。

それから、終わった後に「絵本ないの?」と言う子がいました。

前回私が話したお話は絵本が出典だったので

絵本を持って行って紹介したのですが、それを覚えていたのかな?

同じお話の絵本はないので、今度原文の載っている本を

持ってきて見せてあげると約束しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

11月の療育

久々にやってきましたbearing

・・・・何がやってきたのかというと、

ココさんの「ゲームが中心の生活」です。

何のゲームにご執心かというと、「とびだせ どうぶつの森」です。

Ko1

決められた時間までパソコン三昧の上、

その後寝るふりをしてこっそり布団をかぶってやっていた様子・・。

気づくのが遅くて先週は学校でけっこうな割合で寝ていたらしい・・annoy

新しいゲームが出ると、どうしても制御できないのですよ。

小さいうちからずっと困っている事のうちの一つです。

どうしたらいいのかなcatface

何かいい方法ある方ぜひコメントください!(他力本願的ですね~sweat01

11月の療育は、少し体調が悪い中での参加でした。

マラソンは始め「今日はやりません」といってやらなかったのに、

最後の先生との話し合いの中で思い立ったようで

急に走ると言いいだして走りました。

ふだんあまり運動をしていないという事を話していて

今日はやっぱり走った方が良かったのかなと思ったみたいです。

11月までは課題などを少しやる気になっていたものも

今月は全然ダメダメな感じになっています。

学校での転寝も含め、自分の時間を管理することの大事さを

わかってもらいたいのであえて声掛けせず・・・。

本当なら声掛けしてやらせた方が正解なのかもしれませんが

私はこの方法でやってみようかと思っています。

全く放置しているわけではなく、声掛けは時々していますよ。

療育の先生には事前にメールしておき、

12月の療育の話し合いで先生に

★先月やれていたことが今月クリアできなかったことはとても残念だという事。

★出来ていたのだから、今月は頑張ってほしいという事。

★どうして今月は出来なかったのか、思い当たる節はないか聞いてもらう。

上記の事を話してもらい、

帰り道の反省会でゲームとパソコンの時間を削減することに

つなげていこうかと思っています。

うまくいくといいのですが・・。

学校で寝てしまう事は問題なので、本当なら先生にお願いして

「最近よく寝ているけど寝れないの?」などと声掛けしてもらうと

より持っていきやすいのですが、

ココさんと先生の関係性が分からないのと

私が学校にはあんまり連絡したくないのもあって

お願いするのは断念しました。

12月の療育は来週です。

| | コメント (4)
|

療育(高2・個人指導) 2012.10

今月の療育日は、体調がイマイチだったので

午前中の学校をお休みしました。

療育は午後からですが、いつもはお弁当を持たずに昼前に帰ってきます。

家でご飯を食べて支度して、出る。という感じです。

今回は、宿題毎日とは言いませんが気にかけてやっていました。

そのせいか、課題の足上げが上手になっていると褒められました。

今回から、年間目標も毎月チェックしてもらえるようになったので

終わった後に話し合う事もたくさん増えました。

前回から、忘れないうちにいろいろ話しておこうと思い、

マックに寄り道しています。

でも、けちんぼココさんなので、お店には入れません。

先月は、飲み物があるからとバーガーだけ買って車で食べました。

今月はカフェラテだったので店内でと思いましたが

なぜかまたまた車内で・・・。

この話し合いの他に、毎週1回月曜日

この一週間守れなかったことはどう改善したらクリアできるようになるか

話し合うようにしようと思っています。

寄り道して決めたことをクリアできなかったので、

今週月曜日に早速少し内容を変更してみました。

それから、先週木曜日ココさんが学校を休んだ際に先生と電話で話しました。

「あれから何の変化もない(状態が悪いままだという事)のですが、

療育の方はどうなっていますか?」という質問が・・・。

ええ~~~?問題行動が2か月やそこらで改善できれば

それは障害とは言わないのでは・・・・・・・・?・・・・?

いつもいつも本当にサラッと言うので、悪気ないんだろうなと・・・・。

療育の資料見ますか?と聞くと見たいと言うので

年間目標について書いたものをスキャンしたりPDFにして

学校のパソコンに送りました。

迷惑行動の改善がされればそれでよいという感じなので

メインの療育の課題の宿題帳や親が書くお便り帳は

送らず、前回の面談で先生から言われてビックリしたことを

年間目標に組み込んでいるため、そっちメインで送ればいいかと。

先生はメインの方は興味ないだろうと思って送りませんでした。

とりあえず、“学校で寝ること”が一番困ることなので

そこをなんとかせねば・・!!

今回の電話で知ったのですが、寝るのはほとんど午前中とのこと。

え?え?昼寝って午後じゃないんだ・・。

それもっと早く言ってほしかったなあ。

今初めて聞いたわよ・・sweat02

早寝早起きは睡眠時間と昼寝したかを記録して

何時間寝るのがココさんの理想なのか調べています。

| | コメント (4)
|

より以前の記事一覧