絵本

クリスマスに・・

クリスマスはイエスキリストの誕生日だからか

外国の読み物にはクリスマスに生と死を考える読み物がけっこうある。

直接クリスマスを描かなくても、思い描くことができる作品は

結構あるのです。この間絵本や読み物の勉強をしてきて教わりました。

なるほど、普段あまり意識していなかったけど、

考えてみればそうだな。って思った。

ずっと前に松岡享子さんの「人は何のために生きるか」

という語りをきいたけど、それもクリスマスのお話だったような気がする。

生きていくのは大変で、辛いこともいっぱいあるけど

生まれたことは感謝したい。

人は何のために生きるのか、

人生の最後を迎えるときには答えが出ているのだろうか・・。

大人は色々考えるけど、子どもにとっては一年間で

一番楽しみにしている行事、xmasクリスマス・・present

そんなクリスマスに、おすすめの絵本を少し紹介しますhappy01

bookトリフのクリスマス(くもん出版)

book急行北極号(あすなろ書房)

bookぐりとぐらのおきゃくさま(福音館書店)

bookおとうさんをまって(福音館書店)

bookハリーのセーター(福音館書店)

他にもたくさんありますが、我が家でたくさん読んだものは

上記のとおりです。

子どもから聞いてびっくりしたのですが、

サンタさんはいないと自ら子どもに教える親がいるとか・・coldsweats02

信じられません。ビックリしました。

サンタさんはいるのです!子どもたちの心の中に・・!!

Photo

bookサンタクロースっているんでしょうか?(偕成社)

という本は、サンタクロースはいるのだろうかという子どもの質問に

きちんと向き合って真剣に答えた大人がいたという素敵な本です。

Photo_2

bookサンタクロースの部屋(松岡享子著/こぐま社)では、

世の中の色々な“不思議”が住める心の空間、

サンタさんを信じるという気持ちをしまっておく空間を

心の中に持つことの大切さを教えてくれます。

小さいお子さんがいる方はぜひ読んでほしいですhappy01

年末に向けて皆さんお忙しい事と思いますが

xmas良いクリスマスをお過ごしくださいnote

母はこれからココさんの療育なので、我が家のクリパは明日です~think

| | コメント (2)
|

あかとんぼ ・ アキアカネ。

Tonnbo_2いつもトンボとにらめっこ(岩崎書店)

一昨日、図書館で借りてきました。

児童書なので、1時間くらいでサッと読めてしまいます。

谷本雄治さんの著ですが、

トンボ博士の新井裕(ゆたか)さんという方が

一番身近なトンボ、アキアカネについて

調べたことを書かれています。

新井さんが冒頭で

「自分で確かめたことしか信じちゃだめだよ」と

子どもたちにいう場面があるのですが、

この本を読んだら、アキアカネの生態を

自分の目で調べてみたくなりました。

Photo_2あかとんぼのたび(福音館書店

↑こちらは、絵本「あかとんぼのたび」です。

この絵本がすごく好きで、秋にはどこかで必ず読みます。

毎年、秋になると我が家の庭にも

いっぱい遊びに来てくれるアキアカネ。

この当たり前の光景が、ずっと続いてくれたら嬉しいです。

| | コメント (6)
|

カマキリくん

これはなんでしょう・・?

Sn3j0013

正解は、今日庭でとってきたバッタ君です。

Sn3j0012

何でバッタ君を捕まえたかというと、

一緒に働いているK君にあげるためです。

K君は何で必要なのかというと、

カマキリのえさにするのだとか。

道端にいたカマキリ君を捕まえたけど、

まわりはコンクリートで生餌を探すのが難しいということで

家の庭にいるバッタ君を提供することになったのでした。

ペットボトルに入れれば、そのまま渡せるし・・。

かまきりというと、この絵本を思い出す母です。

Photo

タダヒロシさんの息子さんが書いている絵本です。

正直おはなし会では全くと言っていいほど登場しない系の絵本ですが、

母はこの絵本が好きです。

色鉛筆で描かれる世界が素朴で温かく、懐かしい感じがします。

カマキリは他の虫を食べるので

ちょっぴり悪い奴というイメージがありますが

母は嫌いじゃありません。happy01

| | コメント (2)
|

絵本 「ほたる」

Sn3j1159

「ほたる」神沢利子・文/栗林慧・写真

月間「かがくのとも」2002年6月号(通巻399号)

科学本大好きな母です。

5~6月はたくさん読みたい科学本があるのですが、

「ほたる」は、継続して行っている所では必ず読む絵本です。

残念なことにハードにはなっていないため、

長いことブックオフまわりをして

奇跡的にゲットしました。camera写真絵本ですbook

「ほたるって卵の時からずっと光ってるんだよ。知ってた?」

と言うと、みんなびっくりします。皆さんは知っていましたか~?

(母はこの絵本で知りましたhappy01

卵から成長して大きくなり、メスが卵を産みつける所までが

描かれています。

背表紙に実物大のゲンジボタルの写真があり、

それもまた、こども達の目をひきます。

科学本は、現実の世界とつながっています。

読んだ後、外の世界へ広がっていきます。

そういう楽しさも大事だと思います。

| | コメント (2)
|